千葉県市川市の総合クリニック、メディカルプラザ市川駅「一般内科/腎臓内科/循環器内科/消化器・肝臓内科/呼吸器内科/糖尿病・内分泌内科/整形外科/スポーツ医学科/
リハビリテーション科/皮膚科/美容皮膚科/泌尿器科/乳腺外科/心臓血管外科/人工透析/健診センター人間ドックMAXLIFE」/新型コロナ後遺症外来
爽快鍼灸院 | JR総武線市川駅徒歩1分(ダイエー9階)

メディカルプラザ市川駅 TEL:047-326-3500
美容皮膚科

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴とは、一度で多くのビタミンCを静脈内に投与する施術です。癌治療の代替治療としても研究されており、医療分野において活躍しています。
さらに肌を綺麗にする効果、アンチエイジング効果もあることから今では美容業界でもよく目にするようになりました。身体を健康にして、綺麗になりたい。そんな願いが叶います。

ビタミンCを点滴で摂取する効果

人はビタミンCを体内で合成できません。そのため基本的には食事から摂取が必要です。
しかしビタミン経口から大量に摂取しても水へ溶けてしまうため、体の中に行き渡る前に尿によって排泄されるのがほとんど。
それに対して点滴でビタミンCを静脈に直接入れれば、ビタミンCの血中濃度は一気に高まり、効果がしっかり体中を巡ります。
高濃度ビタミンC点滴は、皮膚や筋肉、骨など、人体を作るために重要なコラーゲン生成を促します。
皮脂の分泌やメラニン生成を抑える効果もあるため、シミ・ニキビ・毛穴の開きも改善。セラミドを生成して、肌をうるおいも保ちます。

急性溶血発作

G6PD欠損症の方が高濃度ビタミンC点滴を受けるのは危険です。
この状態で高濃度ビタミンC点滴を受けると、重傷の急性溶血性貧血発作を起こす危険があります。
ビタミン15gの投与による溶血発作はほとんどないが、それ以上の投与は必ずG6PDを測定するべきと言われるほどです。
高濃度ビタミンC点滴を20g以上投与するお客様へは、G6PDスクリーニング検査をお願いしています。

副作用

・点滴痛(血管痛)
・喉の渇き
・低カルシウム血症
・低血糖 めまい、冷や汗、疲労感
禁忌:G6PD欠損症 高度の心不全 胸水および腹水が大量にある場合 腎不全
© 2013 メディカルプラザ市川駅/爽快鍼灸院 <MEDICAL PLAZA ICHIKAWA STATION/SOUKAISHINKYUIN>